株式会社きよしホーム  外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・お家の修理・リフォーム全般

NEWSお知らせ・特集

2019.02.06

光触媒の塗料についてお話したいと思います。

お疲れ様です。

2/6水曜日 雨

やっぱり今日は雨でした。
岐阜に行ってきましたよ。今日は、毎日やっていらっしゃる、ラジオ体操にゲートボール朝の8時から始まるラジオ体操を見ているだけで元気と「えがお」をもらいました。

やっぱり凄いですね。ゲートボールをしている活気溢れる声、皆が皆を誉めあいながら楽しんでやっている姿を見てうるうるしてきた私はお声をかけることにしましたって言っても

元気に「おはようございまーす」だけなんですけど、20人くらいいる皆様から「おはー」って言われましておはよーかと思ったらみなさんおはーだったのでビックリしました。

何て元気な人たちなんだーっていう気持ちになりまして、私もそんな人生になりたいとおもいました。

さてさて

光触媒の塗料についてお話したいと思います。

自己洗浄と空気清浄機能!光触媒塗料の画期的な魅力と注意

自己洗浄と空気清浄機能!光触媒塗料の画期的な魅力と注意点

塗料を塗ったばかりの家は、真新しく見えても時間がたつと共に古びてきます。再び塗料を塗り直せば、また美しい姿に戻りますが、費用を考えれば毎年それを行うわけにもいきません。

また、汚れが目立たないように定期的に家の外壁を磨いていくとなると大変な作業です。

なんとか手間をかけずに家の外観を美しい状態のまま保てないかと考えてみても、そんな虫のいい方法があるわけもありません。

結局、ある程度の汚れや傷みは我慢した上で、何年かに1度塗料を塗り直すしかないという結論に落ち着きます。

ところが現代では、自ら汚れを洗い流して美しさを保ち続ける塗料が発売されているというから驚きです。

その塗料の名前は光触媒塗料。

一体それがどのようなものかをご説明します。

塗装工事をする前にあなたにピッタリの塗料を選ぶ

他の塗料にはない独自の特徴

現在、外壁用塗料として有名なのは、安くて付着性の強いウレタン系塗料、費用対効果の高いシリコン系塗料、耐用年数が長いフッ素系塗料などです。

他にも、昔よく使われていたアクリル系塗料や2015年から発売が始まり、塗料の新しいスタンダードとなるかが注目されているラジカル系塗料なといったものもあります。

しかし、光触媒塗料はそのどれとも異なる全く新しい技術で作られた塗料です。

まず注目すべきは、光触媒という名前です。

触媒とはそれ自身は変化をせずに、他の物資の化学反応を促進させるものをさします。

光触媒塗料の場合は、原料である酸化チタンが触媒となって日光や水に働きかけ、酸化反応を起こします。

その結果として、塗料に付着したほこりなどの有機物が酸化分解されるわけです。

酸化チタンというとなんだか物々しい名前ですが、昔から食品や化粧品の着色料として使われているありふれた物質です。

ただ、酸化チタンは紫外線に当たると老化の原因である活性酸素を発生させるので、それ自体に毒性はないものの、肌に付着した場合は念のために洗い流しておいた方がよいでしょう。

光触媒によるセルフクリーニング効果

それでは、外壁に塗られた光触媒塗料が自ら汚れを落とす仕組みについて、具体的にみていきましょう。

まず日光が当たると酸化チタンの表面は、親水性という水となじみやすい状態になります。

そのため、雨が降っても水を弾かずに塗料が塗られた部分全体にごく薄い水の膜を作り出して静電気の発生を防ぎます。その結果、チリやホコリが付着しにくくなるのです。

それでもくっついてくるしつこい油汚れや排煙などは、塗料の表面に発生した活性酸素によって酸化分解されていきます。

分解された汚れは浮かび上がり、雨が降ると親水性の性質よって水がその下に潜り込みます。

そして後は、雨の勢いで汚れが一気に洗い流されていくというわけです。この仕組みをセルフクリーニング効果と言います。

環境問題や省エネにも貢献

しかし、光触媒塗料を使用するメリットは、それだけではありません。

例えば、普通の塗料であれば紫外線によって塗膜は確実に劣化していきます。しかし光触媒塗料の場合、紫外線を化学反応の材料として使用しているので紫外線によるダメージを受けにくくなっているのです。

また、赤外線を反射する性質も併せ持っているため、外壁に熱を蓄積しない遮熱効果もあります。これにより、夏場もエアコンの使用を控えつつ、快適に過ごすことができます。

そしてさらに、光触媒塗料には空気清浄の機能まであるのです。

紫外線が当たって塗料の表面に発生した活性酸素は、大気汚染物質である窒素化合物を酸化させて空中から除去します。

しかも、住宅1件に塗るだけで、12台の車が1日に発生させる排気ガスをすべて浄化させることが可能です。

このように、光触媒塗料は単に汚れにくいというだけではなく、省エネや環境問題にも一石を投じる塗料なのです。

こんな塗料もドンドン出てきているのが今の塗料業界なんです。

世界中に色んな塗料があります。

アメリカでは
ベンジャミンムーアという、内装に強くて色の種類は「3000」色もあり全てその場で作ってくれる、塗料もありますので色々と迷ってしまいますが、色々と用途に合った塗料がありますので業者さんに進められた塗料が本当にいいとは思いますが、それでも

株式会社きよしホームに聞いてくださればどんなことでもお応え出来るように日々頑張っております。

今日は、樋の解体をしてきまして樋の取り替えなども自社でやらさせていただいております。

どんな工事でも自社で出来る強みを持っていますので塗装以外の事でも何でもおっしゃってくださいね。

ではまたお会いしましょう。