株式会社きよしホーム  外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・お家の修理・リフォーム全般

NEWSお知らせ・特集

2019.02.12

外壁塗装の保証書とは?


外壁塗装の時期は「築10年に1回」と言われています。
その理由としては、現在日本で主流の壁材である窯業系サイディングボードは主成分がセメントである為、元々防水性が全くありません。
そのため防水性を持たせる為に、工場から出荷される時に塗装を行ないますが、その防水性能も5~7年で切れてしまいます。
その他の外壁材もほとんどが同様の年数で最初の防水性が切れてしまうため、目安として10年に1回なのです。

既存のお家ですと、施工する業者にもよりますが、約5年から10年程が保証期間の目安になります。

ですので、外壁塗装を行う際には、保証書を発行して貰えるか確認する事が大切になります。
外壁塗装を不安に思っている方は、保証書がもらえるかを事前に確認することで不安を少なくできるでしょう。

口頭で「10年保証です!」と業者に言われても何の意味もありませんので内容をしっかり確認する事がとても大切です。


株式会社きよしホームでは、保証書とプラスしてアフターメンテナンスを定期的に行っています。

何か気になる事があれば、無料でご相談対応をさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。