株式会社きよしホーム  外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・お家の修理・リフォーム全般

NEWSお知らせ・特集

2019.02.27

奈良時代には世の中に登場していた 樋

2月27日水曜日

こんばんは★
きよしホーム塗装部オオタニです。
事務、施工部、塗装部と兼任。

本日の業務は、千種区M様邸の樋交換

既に奈良時代には世の中に登場していた
樋ですが

樋がある事で、
屋根から流れた雨水が直接地面に落ちず

地面からはじいた泥水が
外壁を汚す事を防いでくれますね。


一階の屋根の軒先に設置している樋は
上記の効果がありますね。

では二階屋根の軒先に設置してある
樋はどうでしょうか?

樋が無くても、
雨水は一階屋根に落ちますので、
一見なくても問題ないようですが


実は瓦の破損から守っているのです。


雨水が二階の屋根瓦を伝って
一階の屋根に落ちます。

それが10年以上経つとどうでしょうか?


確実ダメージが蓄積し、
ヒビ割れに繋がります。


そうなると、屋根から雨漏りという
悪循環が始まります。


家を守るという意味でも、
樋はとても大事になります。


今日はくしゃみを連発しながら作業でした。
花粉症でしょうか?
ではまたねー(°▽°)

  • カテゴリー