株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2021.10.31

リノベーションとは?リフォームとの違いについて解説

住宅関連の用語で、最近「リノベーション」という言葉をよく耳にすることはありませんか?リノベーションとは一体どんなことを指すのでしょうか。リフォームとどう違うのかも気になるところです。 ンについて、リフォームとの違いと合わせてご紹介します。

リフォームとリノベーションの違いを解説

リフォームとリノベーションの違いって?

「リフォーム」は何となく分かるけど、そもそも「リノベーション」とはどんなものなのかをご紹介し、リフォームとの違いについても解説します。

リノベーションとは

「リノベーション」とは、英語の「renovation(革新、刷新、修復)」と訳されるように既存の建物に新しい機能や価値を向上させることをいいます。

大規模な改装工事を行い、住居の性能を新築の状態以上に向上させたり、付加価値を高めます。

リノベーションの例として、挙げられるのは以下の4点です。

  • 住居の空間をよりデザイン性の高いものに改良する
  • 現代的な住環境に合わせた間取りや内外装などに変更する
  • 耐久性や耐震性を高めるために壁の補修
  • 壁をなくして、リビングダイニングキッチンを広くする

リノベーションはライフスタイルや住環境に合わせたアレンジを自由にできるという魅力があり、近年需要が増えています。

リフォームとの違いについて

リフォームとリノベーションの違いは、リフォームが建物の老朽化したスペースを新しく改装することをいいます。マンションやアパートの場合に、入居者が退去した時に元の状態に戻す「原状回復」をしますが、この場合もリフォームです。

つまり、リフォームは建物のマイナスの部分に対して行う改装のことを意味します。

一方、リノベーションは元ある状態からプラスアルファの価値を追加することを意味します。

まとめ

今回は、リノベーションについて、一見同じに思えるリフォームとの違いにもフォーカスしご紹介していきました。

リノベーションは既存の居住空間を新しく刷新するという意味があります。一方リフォームは修繕が必要なところにアプローチするという意味を持っていました。

多様なライフスタイルから住環境にお好みのアレンジを加えたいとリノベーションをご希望されるお客様が増えている傾向にあります。この機会にぜひご自宅のリノベーションをご検討してみてください。

  • キャンペーン情報

  • 施工実績一覧

  • カテゴリー