株式会社きよしホームは名古屋市守山区で新築の相談・不動産・リフォームをしております。

NEWSお知らせ・特集

2023.01.21

火災保険【3年の支払い時効】雪災もOK!まとめて申請可能【住まいの万能型保険】

いよいよ真冬の到来です。「24日(火)から日本列島に、この冬一番の強烈な寒気が流れ込むでしょう」というニュース。普段、雪が太平洋側でも積雪の予報がでております。以前投稿した凍結対策の記事を再読していただくと共に、積雪後に注意していただきたいことがあります。

雪でも雨樋は壊れます

太平洋沿岸地域では、台風による暴風雨で雨樋が破損する経験やそういった場面に遭遇しまする事がありますが、大雪の被害を体験する機会はありません。

ニュース報道で、スタッドレスタイヤ等の備えを訴えるので、道路に対して注意が向きますが、家に積もる雪にはあまり意識は行きません。降った雨水が多くてその重みで雨樋が破損する事はありません。なぜなら流れていきますし、集水器が詰まっていても溢れていきます。

しかし雪は流れません。積もっていきます。雪の重さで雨樋は壊れます。暴風という点では北面は比較的被害は浅いですが、雪が積もった場合は北面だと太陽光の熱の恩恵を得にくいのでなかなか溶けません。普段注意が向かない箇所に被害が出るかもしれません。

まとめて申請も可能です。

3年というの支払いの時効はありますが、三年前の外壁塗装では破損個所は無かったのに、雪による樋破損がきっかけで、家全体の総点検に入った結果、気づかなかった破損個所が見つかる場合が有ります。経年劣化では無ければ、この三年間の自然災害による被害と推測できますので、纏めての申請も可能です。火災保険は住まいの万能保険と言われていますので、積極的に使いたい所ですね。