株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2021.11.16

マンションのリノベーションの費用はいくら?相場とメリット・デメリットについて解説

マンションを購入しようと考えているが、予算が合わなかったり、間取りや内装などが好みでなかったりで決めかねている方は多いのではないでしょうか。近年では、中古マンションを安く購入し、自分好みにリノベーションして住むライフスタイルが流行っています。今回は実際にマンションをリノベーションする際の費用およびリノベーションをすることのメリット・デメリットについて解説します。

マンションリノベーション費用の相場

一般的なマンションのリノベーション費用の相場はいくらいくらいなのでしょうか。基本的にリノベーション費用は業者や工事内容、物件の状態、そして地域(都市部か地方か)などで大きく異なりますが、1㎡あたり10万~15万円が一般的と言われております。こちらはあくまでも目安として考えて、いくつかのリフォーム会社に見積りを取ってみるのがいいでしょう。それでも予算が高いと感じる場合には、リフォームをする箇所を少なくしてみたり、こだわりをちょっと我慢することで予算の相談をリフォーム会社とするようにしてください。

マンションリノベーションのメリット・デメリット

マンションリノベーションのメリット

①新築物件を購入するより費用を安く抑えることができる

中古マンションを購入して、リノベーションを行ったとしても、一般的には新築でマンションを購入するより、費用は断然安く済むと言われております。これは中古マンションの築年数や建物の状態、立地などにもよりますが、築年数が経過するに連れマンションの物件的価値が徐々に下がっていくためです。基本的には、築年数がある程度経過した中古マンションを購入することで、その分費用が安く済み、余った費用をリノベーション工事に充てることができるのでお得です。

②ライフスタイルに合わせた間取りにすることが出来る

新築でマンションを購入する場合は、予め決められた間取りとなりますが、中古マンションを購入してリノベーションを行うことで、自分の理想の間取りに変更をすることができます。部屋数が少なかったり、逆に部屋が多すぎて持て余してしまうことがなくなり、また新たな機能をこだわりに合わせて追加することも可能です。ライフスタイルにわせた間取りに変更することでより実用的な家に住むことができるでしょう。

マンションリノベーションのデメリット

①住宅ローンが高くなってしまう可能性がある

中古でマンションを購入する場合は、住宅ローンの対象となりますが、リノベーションは住宅ローンの対象外となることが多いです。その場合、一般的に住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを組まなくてはいけなくなります。リノベーションに拘り過ぎてしまった結果、ローン金額は新築マンションと一緒なんてことになることもありますので、充分に注意が必要です。

②住むまでに時間がかかる

当然ですが、新築でマンションを購入した場合はすぐに入居することが出来ますが、中古マンションを購入してリノベーションをする場合は、工事期間が必要となります。一般的に4~7ヵ月程度の工事期間が必要と言われております。この工事期間は工事規模によって大きく変わってきますので、事前にリフォーム会社に確認をしましょう。

まとめ

今回はマンションのリノベーション費用とメリット・デメリットについて紹介いたしました。マンションのリノベーション費用については、いくつかのリフォーム会社に見積りを取ってみて相場を自分の目で確認をしてみるのがいいでしょう。また新築でマンションを購入することより、メリットの多い中古マンションのリノベーションですが、デメリットについても把握した上で、リフォーム会社に相談をすることをお勧めします。マンションのリノベーションをご検討の際は、愛知・岐阜・三重で6000件の実績を持つきよしホームにお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせバナー
  • キャンペーン情報

  • 施工実績一覧

  • カテゴリー