株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2021.12.15

外壁塗装に助成金が利用できるケースについてご紹介

実は、外壁塗装工事に助成金が使えるケースがあります。
外壁塗装自体の工事費はおよそ80~120万円かかりますが、助成金が利用できるのであれば、活用しない手はないですよね。

本記事では、外壁塗装に利用できる助成金について解説します。

どこから支給されるの?

外壁塗装工事に関する助成金は、全国約3分の1の市区町村が外壁塗装に利用できる助成金制度を設置しています。支給額は、申請者に最大20万円ほどです。

愛知県・岐阜県・三重県で助成金制度を設置している市町村は以下の表をご参照ください。

愛知県豊川市,犬山市,新城市,
扶桑町,東栄町,豊根村
岐阜県岐阜市,大垣市,高山市,
多治見市,美濃市,瑞浪市,
土岐市,飛騨市,下呂市,
美濃加茂市,本巣市,
垂井町
三重県四日市市,伊勢市,松阪市,
鈴鹿市,名張市,
志摩市,玉城町
(県自体にも制度あり)

助成金を利用できる条件

外壁塗装に利用できる助成金の制度名は、「住宅リフォーム助成事業」「住宅省エネルギー改修工事等補助事業」「中古建物リフォーム費補助事業」などになります。

リフォームの目的ごとの主な条件を、以下の表でまとめていますのでご参照ください。

リフォームの目的条件
地域の工事業者の振興工事をお住まいの
自治体に所在する
業者に依頼
エコ住宅の推進遮熱・断熱塗料を
使用する塗装工事
若者定住の促進申請者の年齢が
一定以上若いこと
※多くの場合
40歳~50歳以下
多世代同居の促進親世帯と子孫世帯が
同居・近居を
はじめるための
リフォーム
空き家活用の促進空き家の所有者
もしくは、空き家を買って
/借りて住む
移住者が行う工事

まとめ

今回は、外壁塗装工事で利用できる助成金について、助成金制度を設置している所や助成金の申請できる条件についてご紹介しました。愛知・岐阜・三重にも制度を設置している市町村があります。

気になる点がありましたら、ぜひ、愛知・岐阜・三重で6000件の実績を持つきよしホームにお気軽にお問い合わせください。