株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2021.12.24

マンションリフォームに補助金が適用される?使える補助金について解説

リフォームするマンションのイメージ

皆さんは自分の住んでいるマンションのリフォームやこれからマンションを買ってリフォームしようなどと考えたことはございますか?住んでいる場所や仕様、そしてどれくらいの規模のリフォームを行うかなどによって大きく異なりますが、やはり改修費用が高くてリフォームを躊躇されている方は多いかと思います。マンションリフォームをする際は、補助金や助成金、そして減税制度が使える場合がありますが、今回はその中で、マンションリフォームで使える補助金について解説していきます。

マンションリフォームで使える補助金について

マンションリフォームで使える補助金のイメージ

①長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業とは、良質な住宅ストックの形成や、子育てしやすい生活環境の整備等を図るため、 既存住宅の長寿命化や省エネ化等に資する性能向上リフォームや子育て世帯向け改修に対する支援を行う事業です。

詳しくは長期優良住宅リフォーム推進業ホームページをご確認ください。

こちらの補助金に申請をする条件は

1.マンションリフォームを行う前に建物のインスペクション(建物調査)が必要

2.事業で指定されている耐震・省エネ、高齢者等対策が、工事内容として盛りこまれていること。

こちらの補助金を使えば最大250万円の補助を受けることが出来ます。

②次世代省エネ建材支援事業

本事業では高断熱や調湿を目的としたリフォームを行う場合に、補助金が適用されます。

詳しくは一般社団法人環境共創イニシアチブ公式ホームページをご確認ください。

具体的には、外張り断熱(柱の外側から全体を包んで断熱する工法) もしくは

内張り断熱(室内の内側から断熱材等を張付ける工法)を行って、

マンションリフォームを行うことが条件となります。

こちらの補助金を使えば最大125万円の補助を受けることが出来ます。

③介護・バリアフリーリフォーム補助金

介護やバリアフリーに関するマンションリフォームを行った場合に適用される補助金です。

代表的な補助金は、「高齢者住宅改修費用助成制度」です。

こちらの補助金は、要介護認定を受けた人が安心で快適な暮らしを送ることに対して補助を受けることが出来る制度です。

こちらの補助金を使えば最大20万円の補助を受けることが出来ます。

また介護やバリアフリーを目的としたリフォームについては、自治体単位で独自の補助金・助成金が適用される場合がございます。

まとめ

今回はマンションリフォームで使える補助金について解説を致しました。補助金以外にも使える助成金や減税制度などは多数ございますので、リフォームをする場合は補助金についても相談できる業者を選んで頂くのが良いでしょう。マンションのリフォームを行う場合は、ぜひ愛知・岐阜・三重で6000件の実績を持つきよしホームにお気軽にお問い合わせください。