株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.01.29

住宅の構造材・内装材にはどんなものがある?|木材の種類について解説

住宅で使われる木材には様々な種類があり、木目や色、強度、耐久性など樹種によって特徴が違います。

そこで本記事では、戸建てを建てる際やリフォームの際に参考になる住宅の構造材・内装材について解説していきます。

木材は2種類

まず、木材の種類は以下の2つに分けられます。

・無垢材

・集成材

無垢材は、丸太から切り出した木材です。若い木からつくられた無垢材は強度が落ちますが、品質の高い無垢材は高い耐久性があることが特徴です。

集成材は、コストが安く柱や梁の骨組みから、家具や内装まで幅広い用途で使われます。

住宅の構造材・内装材でよく使われる木材

こちらでは、住宅の構造材・内装材でよく使われる木材についてそれぞれ特徴と合わせて表にまとめました。ご検討の際の参考になさってください。

木材特徴
構造材ヒノキ・高い強度と耐久性を持つ
・住宅のほか寺社建築の構造材として使われる
構造材スギ・湿気やシロアリに強い
・土台や柱に適している
内装材ウォールナット・深みのある濃い色合い
・フローリングやドア、高級家具など幅広く使われる
内装材
サクラ
・表面がなめらか
・フローリング材としてポピュラーな木材
内装材チーク・落ち着いた色合い
・最高級材として内装や家具に用いられる

まとめ

今回は、住宅の構造材・内装材について解説しました。木材の種類によって、「柱に向いているのか」、「内装のフローリングに向いているのか」があります。リフォームなどで木材選びに迷われた時には、ぜひ、お気軽に愛知・岐阜・三重で6000件の実績を持つきよしホームにお問い合わせください。