株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.02.09

カーポート2台用の値段と設置工事の相場費用を解説

外構の中でもひときわ目を惹くカーポート。長く使うものだからこそこだわりたいですよね。

とはいえ、「種類も価格帯もさまざまなのでどれを選べばよいか分からない」という声をいただきます。

そこで今回は、カーポートの中でも人気の高い2台用の値段と設置工事の相場費用についてご紹介します。

カーポート2台用の値段について

カーポートの値段は大きく3つのクラスに分けることができます。

・低価格クラス

・台風積雪対応クラス

・デザイン重視クラス

各クラスの2台用カーポートの特徴と値段の相場については以下の表にまとめました。

 低価格クラス台風積雪対応クラスデザイン重視クラス
特徴低コスト
バランス良
頑丈
長持ち
デザイン重視
素材の自由度
2台用の相場費用22~40万50~90万100~200万

カーポートの設置工事の相場費用

こちらでは、低価格クラスのカーポートの設置工事の相場費用についてご紹介します。

カーポートの設置工事の内訳は、主に4つあります。

・標準工事

・加工工事

・特別工事

・周辺環境の整備費用

それぞれ以下で、相場費用と合わせて詳しく解説します。

標準工事

標準工事では、カーポートの柱を立てる地面の穴あけ、基礎工事、カーポート本体の組み立てが含まれます。

標準工事の相場費用は以下のとおりです。(低価格クラス、2台用カーポートの場合)

標準工事約7万円

加工工事

加工工事は、設置場所や用途に合わせてカーポートを加工する場合に行う工事です。

たとえば、

「設置場所の広さや障害物の位置に合わせてカーポートの屋根をカットする」

「車高の高い車を入れるために支柱を高くする」

などの場合に加工工事が必要になります。

加工工事の相場費用は以下のとおりです。(低価格クラスの場合)

屋根をカットする場合約6,000円(一か所 )
支柱を高くする場合約10,000円

特別工事

特別工事は、オプションを追加する場合に行います。

たとえば、

「照明を点灯・消灯させる人感センサーを取り付ける」

「熱さや紫外線対策として、屋根材を太陽の熱と光を遮断する素材に変更」

「前のカーポートを撤去する」

などの場合に特別工事が必要になります。

特別工事の相場費用は以下のとおりです。(低価格クラスの場合)

人感センサーを取り付ける場合約5万円
屋根材を熱線遮断FRP板に変更する場合約10万円
カーポート本体のみの撤去約3万円
基礎も含めた撤去約6万円

周辺環境の整備

カーポートを設置するために周辺環境の整備が必要な場合は、整備にかかる工事が必要です。

たとえば、

「カーポートを設置する場所がコンクリートの場合の、柱を立てるハツリ工事」

「駐車部分に土間コンクリートを打設したい時」

などの場合に周辺環境の整備費用がかかります。

周辺環境の整備の相場費用は以下のとおりです。(低価格クラスの場合)

柱を立てるハツリ工事する場合約3,000円(1箇所ごと)
土間コンクリートを打設する場合約30万円(3m×5mサイズ)

まとめ

今回はカーポート2台用の特徴と相場費用、また設置にかかる工事の相場費用についてご紹介しました。自宅にカーポートを設置の際は、ぜひ愛知・岐阜・三重で6000件の実績をもつきよしホームにお気軽にお問い合わせください。