株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.07.18

笠木はどこにある?重要な箇所と役割。定期メンテナンスの理由

【笠木】 とは主に、住宅の「ベランダ、バルコニー」などの水平になっている上場に取付ける材料のことを指します。この笠木は実は弱点が多く、この季節に特に注意が必要な雨漏りをしやすい場所というのをご存じでしょうか?

「雨漏りは屋根や ベランダ、バルコニー の床からじゃないのか?」と思っている方も多いと思いますが、実はこのベランダ、バルコニーにある笠木の部分から雨漏りが発生してしまう例がとても多いのです。

雨漏りは住宅に大変な危害を及ぼす、深刻な問題です。

笠木は、見た目やデザインのために取り付けられているという認識が殆どかもしれませんが、外壁を腐食から守る役割があります。住宅から突き出ているベランダやバルコニーの壁面は雨や風をしのぐものがなく、ダイレクトに風雨の影響を受けます。こで、笠木を取り付けることによっ外壁自体に直接影響を及ぼすことを防止できます。

屋外の笠木は、小さな屋根みたいなものと思って考えてみてください。屋根と同様に定期的なメンテナンスを怠れば、雨漏りをして外壁の内部を腐食させてしまう恐れがあります。

水の侵入を許してしまい内部が腐食してしまうと、階下の居間や軒天井などに被害が出てきてしまい、大掛かりな修繕が必要になります。

経年劣化が原因で雨水の侵入を許してしまうことがほとんどです。特にこのシーズン特有なゲリラ豪雨により、雨水が深部まで入り込み雨漏りするケースも多いです。笠木も定期的なメンテナンスが非常に大切になってきます。