株式会社きよしホームは名古屋市守山区で新築の相談・不動産・リフォームをしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.09.11

【床沈み】ブカブカの原因は【シロアリ】?!【多湿 】対策は?

ゲリラ豪雨と呼ばれる集中豪雨は通常の雨では問題なくても、通常では考えられない場所から、家の中へ雨水が侵入する事があります。排水許容範囲を超えて、逃げ場を失った水が侵入する形になります。

また最近の家は気密性が高く一度雨水が侵入すると、多湿が改善されず様々な影響が出ます。本日は床にフォーカスしてお伝えしたいと思います。

多湿による床の腐食

コンクリート造りの床は酸化に弱く、土壌や雨などの影響で劣化します。日当たりが悪く、換気が行き届かない部屋の隅は注意が必要です。腐食しやすい場所には、カビも発生します。一度発生したカビは、急激に増殖します。通気性の悪いスペースにはサーキュレーターで空気を送り込んで循環させましょう。

シロアリによる被害

シロアリは、湿度が高くジメジメした環境を好みます。はい、前項の多湿による床の腐食はシロアリは好みます。床の基礎部分が食べられて空洞化すると、人の重みにも耐えられなくなり、その部分が沈んでいきます。しかも、柱や梁などの建物を支える基礎部分に被害を及ぶと、住宅が倒壊する可能性もあります。シロアリを発見した場合、早い対策が必要です。

●被害のあった箇所を中心にシロアリ予防駆除剤を塗布する
●被害の大きい床柱は交換
●調湿材を敷く