株式会社きよしホームは名古屋市守山区で新築の相談・不動産・リフォームをしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.10.09

一番の【結露対策】は【窓サッシ】のリフォーム?冬を快適に過ごすには

冬の窓の厄介ものの結露。空気は冷やされると水蒸気として持っていられる水の量が減るので、水蒸気は結露という形で姿を現します。そして冬の室内で冷やされる一番の場所が窓回りとなります。

面倒ですが、結露の放置はいけません。カビやダニの発生の原因となります。さらに建物の腐食することもあります。かと言って毎回拭き取ることはできません。

今回は結露対策にお薦めリフォームを紹介します。

内窓

既存の窓の内側に新たに別の内窓を設置して二重にする方法は、最もリーズナブルな方法です。一部の特殊な窓を除けば、 各設備・建材メーカーからリフォーム用の内窓 で対応できます。

樹脂サッシ

現在採用されている窓サッシの種類は大きく分けて、アルミサッシと樹脂サッシと2種類です。アルミサッシは一般的に多く採用されていますが、断熱性や低いので当然、防露性も下がります。これが樹脂製となると、断熱性はアルミと比べ高いので結露対策になります。最近は既存の窓をそのまま利用できる方法があります。そのまま使える場合は、お手頃に工事が行えます。