株式会社きよしホームは名古屋市守山区で新築の相談・不動産・リフォームをしております。

NEWSお知らせ・特集

2022.10.11

家の【寒暖の差】が激しいと【健康被害】が起こる?【自律神経の乱れ】【寒暖差疲労】とは

急に寒くなったり、暑くなったり、気温差が激しい季節となりました。最近は12月上旬の気温まで下がったかと思えば、今度は25℃前後というように。そういう環境下では体は疲れやすく、体調を崩しやすくなります。

寒暖差疲労とも言われ、自律神経の疲れによるものです。自律神経は、温度差による環境の変化に体を順応させよう働くからです。放置すると、自律神経が乱れ、身体の冷え、めまい、頭痛、肩こり、不眠、食欲不振、集中力に低下、などと言った体の不調の原因となります。季節の変わり目は体調を崩しやすいのは、こういった寒暖の差も一つの要因かもしれませんね。

断熱性を高めた家は、家の中を温度ムラなく一定な室温に保てるため、家の中で激しい寒暖差が起きにくくなりますので、自律神経に負荷がかかりにくい。よって寒暖差で体に負担がかかることがありません。

過去の記事で、家の断熱に関する記事を書いてますのでご参照ください。

一番の【結露対策】は【窓サッシ】のリフォーム?冬を快適に過ごすには

【費用が安い】壁を壊さずに断熱リフォームが可能?【断熱ボード】

お家の暑さを回避には「遮熱」or「断熱」?熱の伝わり方で使い分ける対策とは

自分の家の寒さすぎる!対策方法は?【窓】が始まりです。【カーテン】

電気代削減に断熱・遮熱塗料?