株式会社きよしホーム  外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・お家の修理・リフォーム全般

WORKS施工実績

愛知県T様邸スレート屋根の部分塗装工事

安さやデザイン性の幅広さから、広く浸透したスレート屋根。

しかし、10年に一度は補修として塗装をしないと
屋根材としての性能を維持できません。


そう考えると、

屋根にパネルを設置となると
補修の機会を逃すといったデメリットがあります。

株式会社きよしホームでは、
30年前をピークに広く使用されていた

太陽熱温水器パネルの撤去処分をお得な価格させていただいて
おりますが、


時々、先ほど書いたパネルがあったため
塗替えが出来なかった、可哀想なスレート屋根に出会います。



壊れた太陽熱温水器を撤去する事は、屋根への負荷が減るので良いことですが、
塗装時期を逃した面がむき出しになってしまいます。

しかし、ご安心ください。

部分塗装も行っています。

下塗り

中塗り

上塗り


スレート屋根は補修せずに放置しますと、
劣化が進んでいきます。

特に気を付けていただきたいのが、川が近くにある家。

屋根にコケが生えやすいです。

コケはスレート屋根の劣化を速めていきます。



もう、いちいち塗替えをするのは面倒

そう考えのお客様には、

塗替えではなく
ガルバリウム鋼板の上張りの提案もしております。


こちらは塗装専門業者には提案できません。

ガルバリウム鋼板は塗替えの必要はないので
維持費は抑えることができますね。