株式会社きよしホームは名古屋市守山区でリフォーム・外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・外構工事をしております。

NEWSお知らせ・特集

2021.06.28

和瓦に必須の【屋根漆喰】の寿命は?塗り方に補修方法、雨漏れ対策。

屋根漆喰は、瓦と瓦の隙間を埋める役割があります。その結果、雨水の浸入や小動物の侵入を防止します。

また、瓦の下には、瓦が滑り落ちないように「葺き土(ふきつち)」という土台を敷きますが、土台を雨から守る役割を果たすのも屋根漆喰です。

さらに、漆喰で瓦同士をしっかり接着してあるので、多少の風や地震があってもズレや落下などが起きません。

このような役割がある屋根漆喰ですが、15〜20年で寿命を迎えます。どうしても長期間、雨風や紫外線にさらされる事によって劣化し、不具合を起こします。

具体例として写真を載せました。

共通しているのは、漆喰が剥がれ葺き土の一部が流失している点です。通常の雨であればほとんど影響はありませんが、豪雨や風を伴う大雨となると雨水が侵入していきます。

2枚目は漆喰の接着力が弱まることで瓦のズレが起きています。しかもズレるだけならまだしも、瓦同士の干渉で隙間が発生しています。

土台の下には防水シートがありますが、それも劣化しますので、最終的には雨水が浸入して雨漏りが起きます。

しかも、瓦自体が固定されず浮き上がった状態なので、台風や地震などの際に落下する危険性もあります。

屋根漆喰の雨漏れ対策

台風シーズン前もしくは、台風直撃後に屋根点検をすることです。

雨漏れが無ければ漆喰が剥がれている程度ですので、ズレを直して剥がれた漆喰を打ち直すのみで済みます。

もし雨漏れがしていた場合は、土台である葺き土が流失している可能性が高いので、一度屋根瓦を外し土台から作らないといけません。当然後者の方が、工事費が高いです。

定期点検で早期発見、早期処置する事で工事にかかる費用は抑える事が出来ます。

DIYは可能か?

最近はDIYブームで、ホームセンターに行くと様々の物が取り揃えております。内装の壁漆喰を自分たち行う人も出てきましたが、屋根漆喰はお勧めしません。理由として

●高所作業による落下事故
●屋根を歩くことによって起こる瓦の破損
●漆喰を塗りすぎによる、新たな雨漏り原因の発生
●既存の漆喰を剥がす事とから始めなければならず、工程が多い

など、お気軽に出来る要素はありません。慣れないと高い集中力が必要です。

費用を抑えるには?

火災保険はご加入でしょうか?以前、火災保険を使える事例を紹介しましたが屋根漆喰工事も条件を満たすと申請が出来ますのでご気軽にご相談ください。

  • キャンペーン情報

  • 施工実績一覧

  • カテゴリー