株式会社きよしホーム  外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り対策・お家の修理・リフォーム全般

NEWSお知らせ・特集

2021.09.04

火災保険契約期間が短縮されます。

先日こんなニュースが流れました。

住宅火災や水害に備える火災保険の契約期間が2022年度にも現行の最長10年から5年に短縮される見通しとなった。

要約しますと、火災保険の長期契約期間が10年から5年に短縮されますといった内容です。メリットしては自然災害の状況や保険の内容を見直しやすくするというものですが、デメリットは長期契約による割引率がさがるので実質保険料が増加するということです。

保険金を低く抑える3つの条件は

・燃えにくい建物に住む
・補償プランを必要最低限にする
・かつ、長期契約の保険料を少ない回数で払う


今回の改定により、10年の長期契約ができなくなるのはとても残念です。

改定の理由は、昨今の自然災害の増加により、支払われた保険金が増加したのが理由とされています。

何故、自然災害が増加したことに火災保険が関係するのか?
そう思われるかもしれません。

実は、過去の記事で『火災保険で家の修繕ができるケース』を紹介していますが、火災保険は火事だけではなく様々な自然災害での被害に対応できます。

火災保険という名称ですので、”火災”の”保険”と思われがちですが、実際はお家の『総合保険』なのです。
※ご契約の保証内容により異なります。詳しくは保険証書をご覧いただくか、当店にお問い合わせくださいませ。

  • 施工実績一覧

  • カテゴリー